読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンポンブログ

アンテナに引っかかったアレコレ

すべては宇宙の采配

 

 

世界で初めて無農薬でりんご作りを成功させた、木村秋則さんの「すべては宇宙の采配」という本を読みました。

 

 

何故か有名な「奇跡のリンゴ」よりも、不思議な偶然が重なって見つけた、この「すべては宇宙の采配」という本の方がどうしても気になってしまい、今回手に取ってみました。

 

 

 

勿論木村さんの活動と、スピリチュアルなことが繋がっているのは重々承知で、

だからこそ、興味を持っていたのですが

 

 

まさか、こんなにスピリチュアルな内容だったとは、、、!!!

 

 

 

期待以上に、内容が盛りだくさんで、ビックリしてしまいました(笑)

 

 

お話の主軸は勿論、木村さんが、無農薬でりんごを育てる事を成功させるまでの

長い道のりや、葛藤なのですが

 

木村さんの人生が、幼少期から色々な場面で経験されてきた「不思議な体験」とともにあった様子を、とても誠実に、ご自身の言葉で語られていました。

 

 

 

写真に映り込んだオーブを拡大したらマンダラがあったこと

UFOと宇宙人との遭遇、そして拉致。

予言めいた夢

異時間軸に入ってしまった体験

あの世と思われる、臨死体験

そして、龍との約束

 

あげくの果てには「あなた宇宙人じゃない?」

 

と言われる木村さん。

 

 

 

これらは私にとっては「不思議な経験」ですが、

木村さんにとっては、日常の一部です。

 

そんな、さまざまな存在(エネルギー)達との交流とともにある生活の中で、

木村さんは「奇跡のりんご」を作られた、という事実が、とても興味深かったです。

 

 私達が普段、意識的にも無意識的にも「閉じている」どこかの感覚が、

木村さんは「開いている」状態で生きていらっしゃること、

それも、人生にやって来るエネルギー達の行き来を、自分の価値観で

「良い」「悪い」などとコントロールせずに、

流れるままにしている様子がとても印象的でした。

 

 

 

 

音楽や芸術や科学の世界には、あなた方が天才とかマスターとよぶ人たちがいる。その多くは、あなた方と全く同じ物質的存在にすぎない。ただ単に、彼らはより広い知識にアクセスすることを自分に許容・可能にしたのだ。自分自身のより広い知識に通じる扉を開け、無限の知性に文字通り触れ、自分の願望を引き寄せたのだ。本質的に自分と同じであるにもかかわらず、あなた方は彼らを特別視し、並外れた人物として敬う。彼らを並みの人間と分かつのは、「すべてであるもの」とのつながりを認識していることだけである。

 

エスター・ヒックス
ジュリー・ヒックス

 

 

 

 

 

 

  

「いかに生きるか」

 

 

 

それは、私達の生活から切り離して、「精神論」や「哲学」のみで論じられるものでもなければ、

決して1つの価値や、1つの思想、1つの「部分」だけで、全体を語る事はできないものだと思います。

 

 

自然や環境、他の生き物たち、他者、目には見えない沢山の存在達、

そして自分自身とどのように関わり、

この物質世界で、私達がもたらされた不思議な力を使って、

一体何を創造するのか、ということ。

 

 

世界の共生が多様性によって、生態系を豊かにも強くもするように

私達自身の内なる世界も、多様な在り方や、そのバランスが、

人生を豊かにしてくれたり、守ってくれたり、してくれるのではないかな、と

木村さんの本を読んで、そんな事を考え始めました。

 

 

それは、アーユルヴェーダの蓮村誠さんの言葉とも、

何だか繋がっている様な気がしています。

 

 

アーユルヴェーダには基本的に正しさはありません。あるのはバランスであり、調和であり、成長です。正しさには偏りがあり、否定があり、緊張を生みます。何故なら、正しさの裏には間違いがあるからです。正しさを追求するのではなく、バランスや調和や成長を探求して下さい。”

 

 

 

 

すべては宇宙の采配

すべては宇宙の采配

 

 

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

 

 

 

 

 

もしよかったら宜しくお願いします(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ