読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンポンブログ

アンテナに引っかかったアレコレ

予言の誘惑 と 愛のあるイメージ

 

探し物があってクローゼットをあさっていたら、2011年に使っていたノートが出て来ました。

日々気になった事をビジュアルや言葉などイロイロとノートに蓄積しているのですが、今回その古いノートに、震災後わずか10日後に鏡リュウジ先生がブログに書いていた文章がコピーされていました。その内容は今読んでも感慨深く、改めて読みいってしまいました。

 

タイトルは「予言の誘惑にたいして そして占星術の効用」

(まだログが残っているので、興味のある方はコチラで全文読めます。)

 

鏡先生は、震災が起きた時の星回りのいくつかの例を挙げ、占星術の上ではいくらでも意味付けをすることができる”が、こんな事が起こる事を自分は想像をしていなかった、と書いたうえで

 

 

”星の意味を「象徴」のレベルで、つまり、いま起きていることを星のイメージと重ね合わせて語ることはできても、具体的なかたちの「予言」などはできないというのがぼくのスタンスです”

”星の言葉やイメージといった、豊かな道具を使って、今の出来事を別な視点から解釈しなおしリフレームするための手段なのです”

 

 

 

鏡先生が、日本の星の友人達と呼ぶ(素敵‥!)石井ゆかりさん と NOT FOR SALEのSugerさんの星の解釈についても、”星からの視点の提供であって決して具体的な予言ではない。けれど実に豊かな星のイメージの解釈があって、「いま」を別な角度から見るためのヒントが隠されているようにぼくにはおもえます。”と書かれていました。

 

 

”どんなものにも、光りと影がある。とくに強く人の心を動かす題材はユングでいえば「元型的」であるといえますし、” ”占星術やそれに類することにかかわるぼくたちは、みな「予言」という元型の影響下にあるといえます。そしてその元型は人を動かす力をもつ。”

 

これを読み、以前、石井ゆかりさんが何処かで書いていた内容のことを、ふと思い出しました。(探したのですが、ソースが見つからず‥。うろ覚えで申し訳ないです。)その内容は確か、占い師の弟子が、誰かの死を占う事を人に依頼されるお話の引用でした。確か、依頼内容は「病気の〇〇はいつ死ぬのか?」といったような内容だったと思います。そして、彼は占い、具体的な日を伝え、その通り、その人がその日に死にます。占い師の師匠は弟子に言います、「君がそう言ったからそうなった」と。そして石井さんはこのお話の中に出て来る師匠が弟子に言った事の意味を、自分は大切に考えて行きたい、と書いていたと記憶しています。

 

 それは、先日読んだ「アイディアが生まれる、一歩手前のだいじな話」の中で森本千絵さんが書かれていた言葉にも、繋がることなのだと思います。

 

“怖いと思った瞬間の視覚的なものや音は、怖いという感情が無くなっても、細胞の奥の方にその恐いという感覚が残るそうです。目で見るもの、手で触るものというのは確実に身体の中に入っていく。そう考えると、メディアというのは良くも悪くも人を精神的に追いつめる力があるという事。だからイヤな思いがずっと細胞に残る様な仕事は、いくら格好良くても、それがいくらアートでも、私はやらないと決めたんです。”

 

 

既に決まった運命は存在しないと、私は考えています。

しかし、「予言」、「占星術」や「メディア」だけではなく、私たちの周りにある、ありとあらゆるものすべてが、人々の思考/思想や人生観/世界観に影響を与え合っているという事、そしてそれらが源となり、私たちの人生や世界を構築しているということをしっかり認識したうえで、表現者として、そして1人の人間として、自分が発するメッセージが描く世界観の軸をどう持つのかが、とても大切なのだと思います。

 

生きるということを肯定的に描くのか、それとも否定的に描くのか。

その人がその人である、という事をどう捉えるのか。

そして、それぞれの人生の主導権を、誰が持つのか。

 

個人の思考と世界観が、内と外の世界を作って行くのだとしたら

私は、愛のあるイマジネーションとインスピレーションを選びたいと、改めて思いました。

 

”ぼくたちは「予言」の影の面への誘惑に打ち勝ちつつ、それでもなお、星のシンボルを通していまを別の角度から読み解き、賢くそのアートを使っていかなければならないと思っています。”

 

 

 

 

 

 

 

 

星のワークブック/鏡リュウジ

 

 

アイディアが生まれる、一歩手前のだいじな話/森本千絵

 

 

青い鳥の本/石井ゆかり

 

 

12星座/石井ゆかり

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 

クリックして頂けると嬉しいです!