読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンポンブログ

アンテナに引っかかったアレコレ

宇多田ヒカルの音と言の葉

ヒッキーの久しぶりの新作! 発売されてからもうすぐ1ヶ月が経とうとしていますね。 こちらのブログでも、今春にヒッキー祭りを一人で行っていたのですが(笑) ponponhimiko.hatenablog.com ponponhimiko.hatenablog.com ponponhimiko.hatenablog.com ponp…

ずる賢いバツイチの恋

偶然テレビで1話の再放送を見てから、続きが気になってしまい そのまま全16話、楽しく見てしまったドラマ「ずる賢いバツイチの恋」。 私にとっては、初の韓国ドラマだったのですが、とても面白かったです! 難しい話は一切無し! ライトなラブコメは、脳…

羽海野チカの世界

前回、浦沢直樹先生の個展を見てから、漫画家さんの原稿が放つエネルギーにすっかり魅了されてしまった アテクシなのですが、先月行われた羽海野チカ先生の世界展も、とても素敵でした。 展示はタイトルに「世界展」とあるように、生原稿や原画、ネームと一…

”元型”に繋がった、テミンの表現

あっ! という間に時間は流れ、季節はめぐり 夏も真っ盛りになってしまいました。 いやはや、とっても久しぶりの更新となってしまいましたが‥‥(汗) 実は先週Twitterでもつぶやいたのですが、 どーしてもブログに書いておきたい内容に出会ってしまいました…

宇多田ヒカルの光

前回何回にも分けて、ブログにも載せた「浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談」。 元々大好きだった宇多田ヒカルさんですが、今回久しぶりに彼女の発言を読んでみて、改めて、10年前なのに色あせない内容と存在感に、ただただ感激してしまいました。 すごいな〜ヒ…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 3

3回に分けてお届けしてきた、浦沢直樹x宇多田ヒカル対談も、今回が最後です。 5歳の宇多田ヒカルと5歳の浦沢直樹が共鳴する 宇多田 わたしが曲を作る原動力って結局、”恐怖”と”哀しい”と”暗い”なんですよ、全部。ちっちゃい頃に世界にビクビクしていた時…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 2

昨日に引き続き、対談②です! ミュージシャンは嫌だった / マンガ家にはなりたくなかった 宇多田 わたし、デビューしてから最初の2年間くらいは本当に後悔していて、音楽で食べていく気なんてまるでなかったんですよ。むしろ、親が音楽のためには何でも犠牲…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 1

前回の記事で紹介した、私の漫画熱に再び火を付けてくれた漫画家の浦沢直樹さん。 引き続き今回も浦沢さんネタです(笑) もう随分昔、宇多田ヒカルさんと浦沢さんが「雑誌Invitation」で対談していたことがありました。大好きな2人の対談はとても面白かっ…

浦沢直樹の宇宙

YAWARA! 、Monster 、20世紀少年、PLUTO ‥ 浦沢直樹さんの漫画はどれも人間の臭いがして、とても好きで読んでいました。 そう、 読んでいました。 小さい頃から漫画が大好きで読んでいたのですが 大きな引っ越しのタイミングで、持っていた漫画の全部を手放…

らくらくメルカリ便がイイ!

前回フリマアプリ「メルカリ」をおすすめする記事を書いたついでに 3/10からファミリーマートでも受付が可能になった 「らくらくメルカリ便」新サービスの感想を書きたいと思います。 らくらくメルカリ便って? matome.naver.jp 今までは、ヤマト運輸の支店…

Buffer:ツイッター予約サービス

SNSで上手にまだ遊べず、ずーっと試行錯誤、ウロウロしてる ポンポンヒミコでございます。 果たしてこの人生で自分の触手の様にSNSを使いこなせる日は 来るのか、来ないのか‥(遠い目) そんな中、比較的にとっつきやすかったTwitterで 地味にコソコソと(迷…

おすすめのゴミの行方

前回の記事でおすすめした「ときめく片付けの魔法」に限った事ではありませんが 片付けをした後に出て来る、こ〜んもりと出たゴミの中には 実はまだまだ使えるものが眠っていたりします。 「手放す」=「捨てる」じゃない 勿論、こんまりメゾットに沿って、 …

ときめく片付けの魔法

昨年カヒミカリィさんのブログで紹介されていた事で 個人的に知ることとなった 片付けコンサルタントのこんまりさんこと、近藤麻理恵さん。 TIME紙が選ぶ最も世界に影響を与えた人物の1人にも選出され 彼女が提唱する「ときめく片付けの魔法」の本は 全米1…