読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンポンブログ

アンテナに引っかかったアレコレ

あなたはメール派?電話派?自分の時間を守れるのはどっち?

大人気なしいたけ占いのしいたけさんのTwitterに、こんなのが今日流れて来ました。 電話イヤに2000%同意。メールがいいですよhttps://t.co/swiIRXI1Lq— しいたけ占いのしいたけ (@shiitake7919) 2017年3月25日 ブロガーや作家などと一言では言い切れない活動…

宇多田ヒカルの音と言の葉

ヒッキーの久しぶりの新作! 発売されてからもうすぐ1ヶ月が経とうとしていますね。 こちらのブログでも、今春にヒッキー祭りを一人で行っていたのですが(笑) ponponhimiko.hatenablog.com ponponhimiko.hatenablog.com ponponhimiko.hatenablog.com ponp…

ずる賢いバツイチの恋

偶然テレビで1話の再放送を見てから、続きが気になってしまい そのまま全16話、楽しく見てしまったドラマ「ずる賢いバツイチの恋」。 私にとっては、初の韓国ドラマだったのですが、とても面白かったです! 難しい話は一切無し! ライトなラブコメは、脳…

羽海野チカの世界

前回、浦沢直樹先生の個展を見てから、漫画家さんの原稿が放つエネルギーにすっかり魅了されてしまった アテクシなのですが、先月行われた羽海野チカ先生の世界展も、とても素敵でした。 展示はタイトルに「世界展」とあるように、生原稿や原画、ネームと一…

アミ小さな宇宙人

25年も前に出版された「アミ小さな宇宙人」 もう すでに世界11カ国で翻訳もされているそうです! さくらももこさんの表紙でも有名な本なので、 その存在は知っていましたが、「いつか、いつか」と思いつつ これまで中々手に取るまでに至りませんでした。 …

すべては宇宙の采配

世界で初めて無農薬でりんご作りを成功させた、木村秋則さんの「すべては宇宙の采配」という本を読みました。 何故か有名な「奇跡のリンゴ」よりも、不思議な偶然が重なって見つけた、この「すべては宇宙の采配」という本の方がどうしても気になってしまい、…

戦争は人間の本能ではない?

今日の日経新聞に、中尾央さんが英科学誌に発表したという論文が、 欧米で強く信じられているという「戦争は本能」説に一石を投じた、と紹介されていました。 www.nikkei.com これを読んで、ふと、 自分が中学1年の時に初めて広島へ行った時に書いた感想文…

初☆前世リーディング感想

やっと、ガチなスピな内容かもしれません(笑) 今までこのブログにも、HPにも、Twitterにも、スピスピ、と言いつつ、 ブログに、あんまりそういう内容を真っ正面からは書いていませんでした。 (これまで書いた内容も、個人的には全部裏ではスピに繋がって…

”元型”に繋がった、テミンの表現

あっ! という間に時間は流れ、季節はめぐり 夏も真っ盛りになってしまいました。 いやはや、とっても久しぶりの更新となってしまいましたが‥‥(汗) 実は先週Twitterでもつぶやいたのですが、 どーしてもブログに書いておきたい内容に出会ってしまいました…

未来まで壊さないで:映画「ルーム」感想

先日新聞で、監督レニー・エイブラハムソンと主演女優のブリー・ラーソンのインタビュー記事が載っていて、興味を持った映画「ルーム」。 女優のブリー・ラーソンは今作でアカデミー賞も受賞しました! 『どんな状況でも人は希望を抱くことができる、という…

宇多田ヒカルの光

前回何回にも分けて、ブログにも載せた「浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談」。 元々大好きだった宇多田ヒカルさんですが、今回久しぶりに彼女の発言を読んでみて、改めて、10年前なのに色あせない内容と存在感に、ただただ感激してしまいました。 すごいな〜ヒ…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 3

3回に分けてお届けしてきた、浦沢直樹x宇多田ヒカル対談も、今回が最後です。 5歳の宇多田ヒカルと5歳の浦沢直樹が共鳴する 宇多田 わたしが曲を作る原動力って結局、”恐怖”と”哀しい”と”暗い”なんですよ、全部。ちっちゃい頃に世界にビクビクしていた時…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 2

昨日に引き続き、対談②です! ミュージシャンは嫌だった / マンガ家にはなりたくなかった 宇多田 わたし、デビューしてから最初の2年間くらいは本当に後悔していて、音楽で食べていく気なんてまるでなかったんですよ。むしろ、親が音楽のためには何でも犠牲…

浦沢直樹 x 宇多田ヒカル対談 1

前回の記事で紹介した、私の漫画熱に再び火を付けてくれた漫画家の浦沢直樹さん。 引き続き今回も浦沢さんネタです(笑) もう随分昔、宇多田ヒカルさんと浦沢さんが「雑誌Invitation」で対談していたことがありました。大好きな2人の対談はとても面白かっ…

浦沢直樹の宇宙

YAWARA! 、Monster 、20世紀少年、PLUTO ‥ 浦沢直樹さんの漫画はどれも人間の臭いがして、とても好きで読んでいました。 そう、 読んでいました。 小さい頃から漫画が大好きで読んでいたのですが 大きな引っ越しのタイミングで、持っていた漫画の全部を手放…

サイエントロジー inトーキョー

実は去年から、電車の窓から見える度に気になっていた 大きな文字で『サイエントロジー』と書かれたビル。 新しくできたであろう、都内某所にピカピカ光るそのビルは ちょっと近未来的な姿で、と〜ても大きく、異質の雰囲気を放っていました。 私が持ってる…

らくらくメルカリ便がイイ!

前回フリマアプリ「メルカリ」をおすすめする記事を書いたついでに 3/10からファミリーマートでも受付が可能になった 「らくらくメルカリ便」新サービスの感想を書きたいと思います。 らくらくメルカリ便って? matome.naver.jp 今までは、ヤマト運輸の支店…

Buffer:ツイッター予約サービス

SNSで上手にまだ遊べず、ずーっと試行錯誤、ウロウロしてる ポンポンヒミコでございます。 果たしてこの人生で自分の触手の様にSNSを使いこなせる日は 来るのか、来ないのか‥(遠い目) そんな中、比較的にとっつきやすかったTwitterで 地味にコソコソと(迷…

おすすめのゴミの行方

前回の記事でおすすめした「ときめく片付けの魔法」に限った事ではありませんが 片付けをした後に出て来る、こ〜んもりと出たゴミの中には 実はまだまだ使えるものが眠っていたりします。 「手放す」=「捨てる」じゃない 勿論、こんまりメゾットに沿って、 …

ときめく片付けの魔法

昨年カヒミカリィさんのブログで紹介されていた事で 個人的に知ることとなった 片付けコンサルタントのこんまりさんこと、近藤麻理恵さん。 TIME紙が選ぶ最も世界に影響を与えた人物の1人にも選出され 彼女が提唱する「ときめく片付けの魔法」の本は 全米1…

ポートランドという理想

photo: http://www.camelcamelshow.com/ ここ数年 やたら「ポートランド」という土地の名前を耳にする機会が多く 紹介されているその内容もユニークで 一体どんなどころだろう??と想像を膨らませていました。 お洒落ライフスタイルマガジンKinfolkの創設地…

グラスリップ

アニメなんて、本当にいつ以来でしょうか‥‥(非常に遠い目) しかも十代の甘酸っぱい話‥ !(再び遠い目) ある日チャンネルをまわしていると 偶然やっていたアニメ「グラスリップ」の再放送を見かけました。 いつもなら反射的にスルーするのですが 「‥あれ…

すいか

2003年に日テレで放送されたドラマ「すいか」 もう12年前の作品になるんですね! 実はリアルタイムで何話か見かけただけで これまで全部は通して見た事は無かったのですが ”面白かった”という印象だけがず〜っと心の中に残っている不思議な作品でした…

スピリチュアルかあさん

本の名前は一昨年くらいから、よしもとばななさんの帯紹介や、友人を通じて知っていたのですが、実際本を手に取ったのは今回が初めてでした。 「スピリチュアルかあさん」と「スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法」の2冊を読みました。 作者…

アラヤシキの住人たち

随分昔に見た、「ナージャの村」というドキュメンタリーは 私のハートのとても深いところに、いつまでも残っている特別な作品です。 それはチェルノブイリ原発事故後、退去命令を国から出されたにも関わらず 汚染地域から出て行かず暮らし続けている人々の生…

予言の誘惑 と 愛のあるイメージ

探し物があってクローゼットをあさっていたら、2011年に使っていたノートが出て来ました。 日々気になった事をビジュアルや言葉などイロイロとノートに蓄積しているのですが、今回その古いノートに、震災後わずか10日後に鏡リュウジ先生がブログに書いてい…

はじめまして

ポンポンヒミコと申します。 私がスピリチュアルな事(どの様に自分や他の存在を扱うのか、ということ) を探求する過程で得た情報やアイディアを シェアするサイト「スピノート」を運営しています。 このブログでは、日々アテクシのアンテナに引っかかった…